過払い金が発生するのには条件がある

金融会社からお金を借りていれば、必ず過払い金が発生するということではありません。過払い金は、金融会社からお金を借りた人が、支払いすぎた利息のことをいいます。
すなわち、本来支払わなくても良かったお金を返還してもらうことができるということなのです。
借りた金額によって違いがあるものの、利息制限法によって、金利の上限は15パーセントから20パーセントと決められていますが、多く支払っていることが多々あるのです。


過払い金の返還を求める手続きを、過払い請求といいます。

過払い請求をする前に、過払い金が発生しているかどうかを知ることが先決です。


過払い金が発生する条件は、借り入れた金額と実質年率が関係してきます。
ひとつの金融会社から10万円借り入れて、利息が20パーセントを超えている場合、ひとつの金融会社から10万円から100万円を借り入れて、利息が18パーセントを超えている場合、ひとつの金融会社から100万円以上借り入れて、利息が15パーセントを超えている場合が条件に当てはまります。条件に当てはまらないと、借りている年数が長くても過払い金は発生しません。


状況によって異なることもありますが、条件を満たしていて、借り入れ金を完済している人や返済中でも4年から5年ほど経過していれば、少なからず過払い金が発生していることでしょう。

請求手続きは自分でおこなうことは可能ですが、平日に会社勤めをしている人は、裁判所が開いている平日の間に請求手続きをするのが大変ということもありますので、困った場合は法律家に助けを求めるのが良いでしょう。
ただし、法律家に依頼をすると、費用が発生してしまいますので、返還されてくる金額にもよりますが、少ない金額だと法律家に依頼することがネックになることもあります。

まずは返還されるであろう金額を調べてみることからはじめ、返還手続きを法律家に頼んでまでするメリットがあるかどうかを検討しましょう。

私は大学卒業後に就職してからずっとその会社で働いています。


およそ30年近くが経とうとしています。
職業の分類で産業別に見ると1次産業と2次産業と3次産業がありますが、私は3次産業に属する通常の給与所得者でいわゆるサラリーマンです。


2次産業の商工業事業主や1次産業の農林漁業者の場合は1年間での必要経費を確定申告で行うことになりますが、我々サラリーマンは年収に応じた必要経費を自動的に決まった算式で算出して、総収入から各種厚生費などを差し引いた額から必要経費を控除した後に所得税と住民税を課税しています。


そこでサラリーマンの節税について考えてみると、知っているのと知らないのとでは節税で違いが出てきます。


給与所得者が節税するということは支払った税金を還付してもらうことと捉えられます。


まず誰でも手続きを行うものとしては12月の給料の所得税額でその1年間の税額を調整する年末調整が上げられます。


この手続きは一般的には会社の厚生担当部署から全従業員に配布して回収する書類があるので知らない間に節税の機会を逃すことはないはずです。
年末調整は個人で加入する生命保険や個人年金そして今では通常の損害保険は対象外となりましたが地震保険のそれぞれの掛け金が上限はあるもののサラリーマンの必要経費のごとく差し引いてもらえるものなので、忘れずかけているものはすべて申告するようにしたいものです。12月に支給される給料明細書の所得税額欄がマイナスになっていることも多々あります。

要するに12月分としてかかった税金額で調整されるもので1年間で支払うべき税金の額の調整額となるのです。

次に気にしておくこととしては医療費控除です。
暦年の1年間の医療費が病院に直接支払った金額が10万円以上あれば、10万円を超えた金額が節税の対象となります。
家族の医療費も対称なので病院と薬局でもらった領収書はしっかり保管しておきましょう。
再発行はできません。
私が申告で節税して還付してもらったことのある子どもの歯の矯正も対象になるので、いろんな事態に備えて念のため年初から領収書をしっかり保存しておくと良いと思います。

















関連リンク

過払い金を取り戻すなら当事務所へ

何らかの事情で、消費者金融会社等からお金を借りれば、利息を付けたお金を返さなければなりません。法律で定められた利息である原則18%以下を超えた利息は、過払い金として取り戻すことが可能となります。...

more

過払いについて思うこと

借金をしている方についてなのですが、特に気にされている方が多くなってきているのがブラックリストといわれるものです。ブラックリストなのですが、いわゆる自己破産をした方や、借金の返済が遅れているような方が掲載されてしまうことがあるようになっています。...

more
top