過払い金返還請求手続きを行うということについて

2010年、貸金業法そして出資法改正が行われ、それ以前に存在していた利息制限法に定められた上限金利は超えるものの、出資法が定めている上限金利には満たない金利である、グレーゾーン金利というものは廃止になりました。
ですが以前は、利息制限法の上限金利というものを超えた金利を設定していたとしても、出資法の上限金利を超えることがなければ刑事罰は科せられなかったため、利息制限法と出資法との上限金利の間にあるこのグレーゾーン金利の利率を設定し、違法に金利を取っていました。


ですが、利息制限法の上限を超えている金利を受け取る権利は法律上ありません。

ですので、利息制限法の上限を超えている金利を返済している場合、返済した金額が法律上返済しなければならない借金の元金に、利息制限法の上限金利を加えた金額を超えた場合、知らず知らずの間に支払い過ぎた過払い金は貸金業者から返してもらうことが出来ます。

バイナリーのオプションに関する情報です。

この払い過ぎていた利息を取り戻すための手続きは、過払い金返還請求手続きと言われます。

バイナリーオプションの初心者についての情報はこちらです。

長期に渡り返済を続けてきた人であれば、過払い金は100万円以上にのぼることもあり、それを取り戻せる場合もあります。キャッシングというものの利用の経験者であれば、自身が過払い金返還の対象者である場合が多分にあり得ます。


キャッシングを完済出来ている人にとっては、過払い金返還請求手続きを行うということによるデメリットは特にありません。
払い過ぎた大切なお金は取り戻すことが出来るのです。

過払い金とは,本来支払う必要がないのに,貸金業者に支払い過ぎたお金のことをいいます。

お金を貸す際に守らなければならない金利の上限は,利息制限法という法律により定められています。

話題の最新ブラジル債券のお役立ちコンテンツ満載です。

貸金業者は,利息制限法の上限を超えた額を受け取る法律上の権利がないので,法律で定められた金利の上限を超える額を支払っている場合で,支払い過ぎた金額が借金の元の金額を超えた場合には,その超過部分の金額を貸金業者から返還してもらえるということになります。改正賃金行法が施行されるまでの出資法では、借りた金額に関係なく金利の上限が一律で決まっていました。



これに対して、利息制限法は借りた金額によって金利の上限が変わってきます。

出資法と利息制限法の間の上限金利がありました。これが灰色の金利であり、世に言われていたグレーゾーン金利です。グレーゾーン金利による利率を設定し、金利をとっていた貸金業者があります。



過払い金はこれまで払ってきたグレーゾーン金利なのです。

http://www.kyodonews.jp/feature/suspicion/2008/02/post_19.html

現在ではグレーゾーン金利は撤廃されました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1218257372

この過払い金ですが、自分で取り戻すことも可能です。契約、和解などの訴訟行為や法律行為は本人が行うことが原則で、この場合も同様です。

http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=SK00006069

しかし、訴訟になってしまうと返還まで時間がかかってしまったり、裁判所に何度も出廷するなど、労力もかかります。


法律家は、慣れているのでやりとりがスムーズで有利に働くことが多いです。

費用はかかりますが、時間を避けない際や額が多い際は、法律家に依頼したほうがよいかもしれません。

関連リンク

過払いを初めとした意外な落とし穴

皆様は、大きな買い物や金融業者を利用してお金を借りた際、その支払いをされる時、リボ払いやローンなどを利用された事は御座いませんか。そして実は手数料とは別に過払い金という見えないお金が発生していて手続き上、支払い義務を負わないお金が存在している事もご存じでしょうか。...

more

過払いについて思うこと

借金をしている方についてなのですが、特に気にされている方が多くなってきているのがブラックリストといわれるものです。ブラックリストなのですが、いわゆる自己破産をした方や、借金の返済が遅れているような方が掲載されてしまうことがあるようになっています。...

more
top