過払い金返還請求を行う事

最近の消費者金融は、従来と比べると金利が安くなっていますが、これは賃金法が改正され、出資法による上限金利が利息制限法の上限金利まで引き下げられ、更に消費者金融などが利用していたグレーゾーン金利が廃止されたことによるものなのです。

しかし、金利が安くなっているとは言っても、元金が10万円未満では20%の金利ですし、10万円を超えて100万円未満では18%、100万円以上では15%と言う高金利です。



これは銀行などと比べるとはるかに高い金利ではあります。



しかしながら、従来の金利と比べるとこの金利はかなり低いものとなるのです。


従来の出資法の上限金利は、29。



2%です。この金利の数字は目を見張る物がありますが、これでは利息を返すだけが精一杯であり、元金を減らす事は難しいものです。

消費者は、利息制限法による上限金利を支払えば良い事になっていました。
しかし、見なし弁済規定により、借り手が良いとされれば、出資法の上限金利を超えない利息であれば、貸付を行えた事も事実であり、これは本来支払う必要が無い利息でもあるのです。
これは利息超過と言うものであり、過払いとなるものです。


過払いは、払い過ぎた利息で、これを取り戻す事を過払い金返還請求と呼びますが、過払い金返還請求を行う事で、借金が大幅に減額する事も少なくなく、中には過払い金返還請求を行った事で、借金がゼロになるケースもあると言います。



しかし、賃金法が改正された今日では、利息制限法の上限金利を超える利息を取る消費者金融は無いとされます。



仮に有ったとすれば、法律違反となりますので、その消費者金融は罰則が与えられる事になります。
因みに、最近の消費者金融の中に、一定の期間の中で全額返済を行うと、利息がゼロになるという金融会社があります。
これは、返済のあてと言うものがあり、急にまとまったお金が必要とされる時などにはとても便利なものなのです。



私は会社に勤務した12年前から、消費者金融からの借り入れをしていました。多い時には、3社の消費者金融からの借金がありました。



昨年にようやく全ての借金の返済が終了しました。
始めて消費者金融を利用して、10年以上の間、多くの返済をしていました。


今年初めに、過払いがあると感じたので相談をしようと、電話での弁護士の無料相談に電話をしました。
その話の中では、私には多くの過払いがあると思われるので、弁護士の方にキチッとした形で、相談をした方が良いと言われました。


そこでネットで過払い金を扱っている法律事務所を予約して行きました。

私は法律事務所に行くと弁護士の方が、話を聞いてくれました。今まで返済していた10年以上の債務を、全てお話しました。

そうすると弁護士の方は、私には多くの過払いがあると思われると話していました。



弁護士の方には、過払い金の請求をお願いしました。
私はそれからは借金をしないで、生活をしていました。それから三ヶ月ほど経ち、法律事務所の方から連絡があり話を聞きました。
消費者金融の過払い金がとても多く見つかり請求したという事でした。
10年前までの過払い金が多く見つかったという事です。
私はその後多くの過払い金を受け取りました。
受け取ったお金の中から、決められた比率で、弁護士料の支払いをしました。もっと早く弁護士の方に、相談をしておけば良かったと感じました。

しかし今回弁護士の方に相談して多くの過払いが見つかり、多くのお金が戻って来て、本当に良かったと感じています。私はこれからは借金はしないようにして行こうと考えています。

関連リンク

過払いという問題を産み出した金利に関する法律

債務者が本来支払う必要のない返済金が問題となっています。何故こういう現象が起きてしまったのかには法律の問題が大きく関わってきます。...

more

過払い金を取り戻すなら当事務所へ

何らかの事情で、消費者金融会社等からお金を借りれば、利息を付けたお金を返さなければなりません。法律で定められた利息である原則18%以下を超えた利息は、過払い金として取り戻すことが可能となります。...

more
top